本文へ移動

訪問介護サービスステーション あさひな

ブログ

2019-10-15

訪問介護サービスとは

訪問介護は、ヘルパーが利用者の自宅を訪問し、掃除や洗濯などの生活援助や、入浴やトイレなどの身体介護を行うサービスです。

ただ、掃除ならなんでもできるわけではありません。例えば、利用者が使う部屋の掃除はできますが、家全体の大掃除はできません。

身体介護でも、訪問看護員(ホームヘルパー)が1回分の薬を取り分けることは認められていません。

訪問介護でヘルパーができること、できないことを紹介します。

訪問介護では、利用者や家族が希望することすべてを介助・支援できるわけではありません。
 

訪問介護でできることとできないことを区別するために知っておきたい、介護保険の目的・基本の考え方を紹介します。

介護保険の目的は「利用者が自立した日常生活をおくること」

介護保険の目的は、「利用者が自分の能力に応じて、自立した日常生活をおくれるように支援するサービスをおこなうこと」です。

ですから、大前提として、日常生活の範囲を超えることは介護保険の対象外です。

以下のようなことはできません。

  • 日常生活の範囲を超えるサービス
  • 利便のためだけのサービス
  • 趣味に関するサービス

 

訪問介護では利用者不在時のサービスや医療行為も不可

介護保険での基本的考え方に加えて、訪問介護でできないことの基本もおさえておきましょう。

  • 利用者以外のためのサービス
  • 利用者が不在中のサービス提供
  • 医療行為

「本人が外出している間に掃除や洗濯をしておいてほしい」というのは不可です。

医療行為のうち「痰の吸引」と「経管栄養」は、研修を受けたホームヘルパーなら、医師の指示の下での実施が認められています。

経管栄養とは…

 

口以外から水分や栄養をとる方法のひとつです。胃や腸に穴を開けてチューブやカテーテルなどの管から栄養をとる「胃ろう」や「腸ろう」、鼻の穴に管を通す「経鼻経管栄養」があります。

 

身体介護でできることを紹介します。

身体介護でできること
できること 内容詳細
食事、排せつ介助 配膳、摂食介助、食事後の後始末、流動食など特別な配慮が必要な調理、トイレへの移動、トイレの後始末、トイレ後の着衣など
入浴、整容介助 脱衣、清拭、部分浴、洗髪、全身浴、入浴後の着衣、汚れた服の処理、浴槽の後始末、髪の乾燥、タオルで顔を拭く、爪切り、耳そうじ、ひげの手入れ、整髪、簡単な化粧、着替えなど
体位変換、移動・移乗、外出介助 仰向けから横向きなどへの体位変換、車いすや歩行器への移乗、車椅子を押す、歩くときに手を引く、外出の準備、病院などへの外出など
起床・就寝介助 起き上がりのサポート、ベッドへの移動、布団を敷くなど
服薬介助 薬を飲むのを手伝う、後片付けなど
見守り的援助 入浴・着替え・移動時の見守り、洗濯物干しや調理を一緒に行う、散歩など

訪問介護は利用者の自宅内で行われるのが原則のため、身体介護の中の「外出介助」は例外的なサービスと位置付けられています。

身体介護でできないこと
できないこと 内容詳細
医療行為 胃ろうチューブやカテーテルの洗浄、床ずれの処置、巻き爪を切る、医学的判断が必要な傷の処置、1回分の薬を取り分ける・仕分ける、口を開けて薬を飲ませる、本人に代わって医師から説明を受ける・症状の説明をするなど
一部の外出 冠婚葬祭、地域行事、墓参り、外食、美容室、習い事、旅行、パチンコ、競馬、気分転換のための散歩など
その他 入院中の付き添い、入院手続き、手術の同意など

1回分の薬を取り分けたり、巻き爪の爪を切ったりすることも医療行為にあたります。

生活援助でできること
できること 内容詳細
掃除 利用者本人の居室・トイレ・テーブル上の掃除、ゴミ出し
洗濯 洗濯機での洗濯、手洗いでの洗濯、物干し、取入れ、収納、アイロンがけ
ベッドメイク シーツ交換、布団カバー交換など
服の整理と補修 衣替え、ボタン付け、破れの補修など
調理 一般的な調理、配膳、後片付け
買い物、薬の受け取り 日常品の買い物(お釣りの確認含む)、薬の受け取りなど

流動食など特別な配慮が必要な調理は、生活援助ではなくて身体介護です。

生活援助でできないこと
できないこと 内容詳細
日常生活に必要な範囲を超えた掃除 大掃除、窓ガラス拭き、ワックスがけ、換気扇・照明・エアコン・ベランダ掃除、庭の手入れ、洗車、使わない部屋や主として利用者本人が利用している部屋以外の掃除、雪かきなど
日常生活に最低限必要な買い物以外 し好品の購入、生業に関係するものの買い出し、(近くに店があるのに)わざわざ遠くの店まで行っての買い物、利用者本人ではなく家族のための買い物など
その他 単なる話し相手、来客対応、趣味の手伝い、(特別な手間がかかる)おせち料理などの調理、引越しの荷造り、ペットの世話、模様替えなど

施設詳細

▲施設外観
●施設名称:訪問介護サービスステーション 
TEL:099-258-4903

所在地:〒890-0052 鹿児島県鹿児島市上之園町24番地10
開設年月日:平成30年1月25日
建物面積:191平方メートル
建物構造:軽量鉄骨造 地上2階建
 
●施設は鹿児島中央駅からすぐの場所にあり、交通アクセスは非常に便利です。周辺には、維新ふるさと館や緑に囲まれており自然が多く、心地よい時間が流れるほっとする雰囲気に包まれています。

スタッフ紹介 管理者/サービス提供責任者

▲令和1年10月撮影
●氏名:松岡 拓海(マツオカ タクミ) 

資格介護福祉士
休日の過ごし方:子どもと一緒に遊ぶこと
大切にしているもの:家族
コメント:利用者の方々に寄り添い、思いやりのある支援を心がけます。どうぞよろしくお願い致します。

スタッフ紹介

▲令和1年10月撮影
●サービス提供コンシェルジュ

資格介護職員初任者研修以上
仲間との過ごし方:たまに女子会
仲間とは:家族
コメント:松岡同様、利用者の方々に寄り添い、思いやりのある支援を心がけます。どうぞよろしくお願い致します。
このようなお困りの方いらっしゃいませんか?
サービス開始までの流れ

営業時間のご案内

年中無休 24時間対応可能です。
お気軽にお問い合わせください。

訪問可能な地区

鹿児島市内
詳細はお電話にてご確認ください。

利用料金の目安

(例)要介護1~5の方(1回の支援20分未満の場合)
身体介護 *166円~
生活援助 *182円~
*負担割合1割の場合

資料ダウンロードについて〜コピー

※PDFファイルの閲覧には、 Adobe Reader のインストールが必要です。
詳しくはAdobe Reader のダウンロードページ(外部リンク)をご覧ください。

▼お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 099-258-4903
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
NPO法人アサヒナアソシエーション
〒890-0052
鹿児島県
鹿児島市上之園町24番地10
TEL.099-258-4903
FAX.099-204-9744

1.スポーツクラブ運営事業
2.生活支援サービスに関する事業
3.子どもの健全育成事業
4.まちづくり推進事業
TOPへ戻る