本文へ移動

ニュース一覧

監督交代のお知らせ

いつもジュブリーレ鹿児島に温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。当球団では、12月17日を持ちましてトップチームのスタッフ陣容について、出口 泉 代表 兼 監督から永田 司 コーチに監督を交代することと致しましたのでお知らせ致します。出口 泉 氏は球団代表として専念、田中 賢一 コーチは引き続きコーチに就任致しますので、併せてお知らせいたします。
 
永田 司
■生年月日
1996年6月17日21(歳)
■出身地
鹿児島県垂水市
■資格
日本サッカー協会公認C級指導者ライセンス
■選手歴
2015年 鹿屋中央高校サッカー部卒業
2015年 日本工学院専門学校中退
■指導歴
2016年 FCアサヒナU-12 コーチ
2017年 ジュブリーレ鹿児島 コーチ
 
■代表兼監督 出口 泉コメント
2シーズン前から、田中 賢一コーチ、U-12コーチの中野 寛士朗コーチ、堀切 祐司コーチと共にジュブリーレの強化再建を行いました。また、社会人選手を中心に選手達も非常にアグレッシブ且つ犠牲心な姿勢で活動していただき、現在の基盤(勝利へのメンタリティー)を作っていくことが出来たことは、非常に感謝しています。サポーターの皆様をはじめ、支援者の皆様に多大な期待を寄せていただき臨んだ2シーズンでしたが、結果だけではなく、内容面から見ても、チームに刺激と変化が必要と判断し、今回の監督交代に至りました。
しかしながら、今回の陣容については非常に前向きな取り組みであり、基盤が出来た今、若いスタッフ選手達で、九州リーグ制覇、チャレンジリーグ昇格をビジョンに置き、ポジティブに挑戦していきたいと考えた次第であります。
このチームはサポーターの皆様、スポンサーの皆様、鹿児島市をはじめとした、伊佐市や指宿市などの自治体の皆様、さまざまな皆様の熱い想いを受けて成り立っています。その想いを胸に、選手スタッフは強い気持ちを持って闘って行きますので、来年度必ずいい結果を出せるように一丸となっていきます。
是非、引き続きご声援・ご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

監督コメント 第14節 対 MELSA熊本

「負けなくてよかった」素直に安堵感が漏れた。
それは、九州リーグのレベルも確実にあがり、県リーグに降格してしまったらチャレンジリーグ同様、九州リーグ昇格は困難であるという事。そういった意味でも、来期に繋げることができたことは選手達に感謝し、選手達をアグレッシブに捉えている。
アグレッシブといえば、今季守備的場所のライン際で簡単にアウトオブプレーにしなくなったプレーや、高い位置から連続して相手にプレッシャーをかけるプレーなど、まだまだうまくなる可能性を感じさせるプレーを獲得することができた。
その技術こそが、最終ゲーム厳しい試合運びの中、負けなかった要素でもあり、自分をチームを救ってくれる。そのプレーは、なでしこクラスでは当然であり、基本的なプレーなのである。
昇格に絡めなかったことは、不調の時に気持ち的に波があり、例えば短い時間での連続失点や、ヘディングや球際の弱さなど、もっとトレーニングの時間を増やしサッカー理解や技術を獲得していかなければならない。
最終戦、1年間の感謝の気持ちを勝利という結果で表そうと戦いに挑んだが、引き分けという結果。
皆こんなはずではという気持ちであったが、基本の上に戦術は成り立っているので今日のゲーム内容は必然なのである。
この日立ち上がりから相手のハイプレッシャーをうけ、開始5分で完全に自己コントロールを失ってしまい、精神的にも未熟であった。しかし、このようなゲームを繰り返すことで私たちは常に学び、経験から進化していかなければならない。継続は大変な作業であると同時に、大切な時に絶対的な武器に変わる。そのことを考えれば今回のゲームは己が成長するために絶対に通らなければならないゲームであり、このゲームから学び進まなければ、上のカテゴリーにステップアップできない。
サッカーをうまくなるとか、日本リーグに行けるという事実は大変な事である。だからこそ、リスペクトされる場所であり、価値があり、聖なるところである。諦めなければ目標は決して逃げることはない!

監督コメント 第6節、13節 対 ANCLAS

サッカーの神様はいました。
2連勝とはならなかったが、可能性を残してくれた。
ラストチャンスを頂けた。
頑張ってよかった。
しかし、ラッキーを使い果たした。
だからこそ変えていく必要がある。
ラッキーで勝負は最後にしよう。
強いねって言われたい。
みなを上のステージに連れて行きたい。
方法はわかっている。本気になるだけ。ただそれだけ。
2連戦、沢山の応援をいただけました。福岡アンクラスさんも凄く喜んでくれました。
今回スポビジという方々にも沢山盛り上げてもらいました。
しかしゲームは良い結果を残すことが出来ませんでした。
次はない、常にその気持ちを忘れずこれからも取り組んでいきますので応援宜しくお願い致します。

監督コメント 第12節 対 東海大熊本星翔

非常にチームポテンシャルの高いゲームであった。
守備への集中力が非常に高く、特にゴール前で体を張ったプレーは前半を無失点で抑えた。
ハーフタイムの指示は、奪ったボールを前線で簡単に奪われないボールの運び方と仕掛け方を修正し、サイドバックへ、相手との距離感を簡単にセンターリングさせず、ドリブルさせるアプローチのスピードと距離感を指示した。
後半FWの2人と、サイドバックの2人が見違えるようなボール運びを見せ、チームが躍動しだした。攻撃でボールを持てる時間が増え、DF陣が押し上げる時間ができ、数的有利で攻撃を仕掛けることが出来るようになった。守備においてもサイドバックの相手がプレッシャーを感じる距離感と迫力あるプレーで、相手はサイド攻撃が封じ込まれた。
結果先取点は取ったが、残り4分で勝ち点3を握りしめることは出来なかった。
ただ前節より改善できたことは高評価であり、チームに将来性を感じた。
しかし、個人の高い技術と星翔高校の徹底したサイド攻撃の質は、力の差を感じた。
勝ち点1は良い悪いどちらにも重たいものであった。それは順位が語っていると思う。
どうあがいても残り3節、歯を食いしばり日々のトレーニングをしていくしか方法はない。
猛スピードで力をつけていきたいと思っていますので、応援宜しくお願いします。

2018ジュブリーレ鹿児島セレクション

過去のニュース(2014年)

2014チャレンジリーグ参入チーム決定戦 対戦カードのお知らせ

2014チャレンジリーグ参入チーム決定戦の詳細と対戦カードが決定いたしました。
 
期日:2014年11月1日(土)~3日(月・祝)/7日(金)~9(日)
会場:静岡県・時之栖スポーツセンター 裾野グラウンド
 
11月1日(土)10:00~ vs つくばフットボールクラブレディース
11月3日(月)10:00~ vs ノルディ-ア北海道
 
詳細はこちら

2014チャレンジリーグ参入チーム決定戦出場決定のお知らせと参戦遠征費支援のお願い

独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」

2014 子ども未来創造 体力向上プロジェクト 開催
お申込み方法は下記申込書をFAXまたは郵送にてお送りください。
お問い合わせ:NPO法人 アサヒナ アソシエーション
TEL:099-258-4903 担当:中野
 

2014 ミズノ女子サッカーフェスティバルin霧島プレ大会結果

vs 神村学園高等学校 2-3(前半1-1 後半1-2)
得点者:#5山田、#9三宮
 
vs 鳳凰高等学校 1-0(前半0-0 後半1-0)
得点者:#14村井
 
応援ありがとうございました。

2014 ミズノ女子サッカーフェスティバルin霧島プレ大会について

この度、ミズノ女子サッカーフェスティバルin霧島プレ大会に参加することになりましたのでお知らせします。
 
日時
2014年9月14日(日)
場所
霧島市国分運動公園陸上競技場
相手
vs 神村学園高等学校 10:00~ kickoff
vs 鳳凰高等学校 13:45~ kickoff

過去のニュース(2015年)

27年アサヒナU-15説明会・体験会

2月21日(土)「情報高校グラウンド」で説明会・体験会を行います。
体験会は2月14日・21日/3月14日・21日・28日と他にも随時練習時に体験可能ですので、是非参加して下さい。
*詳しくはコチラ
*お申し込み用紙はコチラ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
昨年も皆様方には大変お世話になりました。
本年も熱い声援と力強い応援宜しくお願い申し上げます。
 
ジュ ブリーレ鹿児島一同

過去のニュース

年末のご挨拶

2016シーズンは大変お世話になりました。
来シーズンも精一杯頑張って参りますので、変わらぬご声援の程宜しくお願い申し上げます。
皆様にとって良い年となりますようお祈り申し上げます。
NPO法人アサヒナアソシエーション 理事長 山口智子
※球団事務所は、新春4日より平常業務となります。

監督コメント

最終節、勝ち点3を取ることができなかった。要因としてはチームの流れ(テンポ)を掴むことができず、相手の早いプレッシャーによりパスを前線に出すことを遮断された。中盤から前線へボールを供給する際にワンタッチプレーを増やすことができればサイドを上手く使えていたかもしれない。ただ、相手選手の能力が高い中、少ないチャンスを得点に繋げ、最後まで諦めることなく、戦い抜いたことは評価したい。
リーグも終わり課題もたくさんあるが、チームとしては充実した一年であった。今後も個人技術はもちろんだが、サッカーへの取り組み(意識)も改善し、選手とともに日々成長していきたいと思う。今年1年本当にありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。

監督コメント

今回の良かった点としては、3連勝を掴み取り勝ち点3をとることができたことです。
内容としても選手はチームとしての約束事を守ろうと最善を尽くしたゲームであった。
攻撃では、チームの特徴でもある、素早い逆サイド展開から数的有利を作り出し、サイドバッグも攻撃参加するパワフルなサッカーを果敢に挑戦し、幾度かチャンスを作り出すことができた。
守備ではボールに対し集中・密集を繰り返し、個人ではなくチームでボールを奪いにいくことができていた。その結果が今回の勝ち点3に繋がったと思う。ただ、問題点としては個人スキルがまだまだ低く、サッカーの基本である止める・蹴る・運ぶといった土台がしっかりとしていないことで、パワフルな攻撃や守備を継続することができない。今後も個人スキルを向上させるため、日々の努力を継続することで、しっかりとした土台作りに努めたい。まだまだ進化していきますので、今後共応援よろしくお願いします。

監督コメント

今回、試合前のミーティングで勝ち点3を取りに行くことを共有しました。
目標を達成することができたのは良かったのですが、サイド攻撃のクオリティーが低さにより相手ディフェンスを崩すことが出来なかった。また、後半になると体力が切れてしまい危ない場面も多々あった。次の試合では個々が更に普段の練習通りに挑めるようにしたい。私自身、選手たちと共に切磋琢磨し成長したいと思います。今後共応援よろしくお願いします。

JANPANGIVING 寄付金協力者

・いぶおや 様
・yamashii70 様
・タローラモ 様
・yummy 様
・俵積田学 様
・ゆりか 様
・すぐる 様
・稲盛 幸広 様
・た 様
・安ピー 様
・ほしパンダ 様
・長畑 伊佐市消防 様
・茶柱 様
・福永 宏子 様
・田中 あきこ 様
NPO法人アサヒナアソシエーション
〒890-0052
鹿児島県
鹿児島市上之園町24番地10
TEL.099-258-4903
FAX.099-204-9744

1.スポーツクラブ運営事業
2.生活支援サービスに関する事業
3.子どもの健全育成事業
4.まちづくり推進事業
TOPへ戻る