本文へ移動

ニュース一覧

監督コメント

我々の土俵では、勝つことが全て。
申し訳ありません。「大丈夫!」過信ではなく自信がありました。ボール保持の時間も長く、GKチョンの安定した守備の統率力により危ない場面は全くなかった。また、キックや走力なども相手を上回り、成長した姿であった。
しかし、テクニカルなミスと判断ミスが相当あったのも事実。
特に相手バイタルエリアへの侵入時のテクニックミスと、DFからのビルドアップの判断ミスが多かった。
私は、「勝負において勝ちという幸運は決まっている」と思っている。力のあるチームはミスで失点することはあっても、得点というスコアは相手を上回り勝負には負けていないという事。
 
今回の反省点
当然ではあるがもっともっとトレーニングを積んで技術を積まなければならないこと。
良かった点
3泊4日のトレーニングマッチや移動で、心技体知に相当な負荷をかけられたこと。成功体験は得られなかったが、今回の疲労負荷は必ず付加価値をつけ必ず成果として現れてくること。
 
「継続は疲れるが、力なり」

九州女子サッカーリーグ第6節延期のお知らせ

会場、キックオフ時間が未定となっておりました6月4日(日)第6節 vs ANCLAS戦は、延期となりました。
日程等決まり次第ホームページでお知らせ致します。
ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

監督コメント

まずは大勢の人に応援され、素晴らしい戦う場を演出していただいたことに感謝したい。会場で戦う選手たちは勿論、我々指導者も良い意味で、自分をエンターテイナーと思い込み「パフォーマンスしたい、しよう」と両チームとも確実に思うような応援の方々、運営の遠演出であった。
 
注目されなくなった女子サッカーを、周りの方々が盛り上げようとする姿は、「プレーする我々がもっともっと全てにおいて頑張らなければ」と再度奮起しなければと実感した。
そんな中で、先に仕掛けてきたのは熊本であった。上手くロングボールを活用し、前線からのハイプレッシャーで、こぼれ球を果敢に拾われた。
「危ないかなぁ」と思ったが、しばらく観察していると「うん、大丈夫だね」という判断になった。選手たちは相手の仕掛けに柔軟に対応(パワーにはパワーで、ボールを拾われたら1対1の対応とチャレンジ&カバー)しており、若干、お互いのコミュニケーションが激しいかなぁというくらいだったので、「今のままで大丈夫だよ、慌てなくていいからね」とだけ声掛けをした。
 
その中で、在籍初先発の3名(中間、梅木、徳永)は私が思っていた想像をはるかに上回るパフォーマンスをした。結果我々のfastシュートは、徳永の冷静なキックからボールを繋ぎ、梅木がセンターリングし中間がシュートを打った。
この瞬間「今日は良い結果が出るな」と感じたのも本当のことだ。
 
前節より改善できていたこと
1 センターリングの瞬間まで作り出せたこと(共通意識)
2 バックパスが少なかったこと(共通意識)
 
反省点
1 センターリングが蹴れない(テクニック)
2 2対1を作ってもパス精度の低さにより崩せない(テクニック)
 
勝因
1 ホームであった
2 冷静であった
3 即興性があった(中盤の選手の相手DFの背後への飛び出し)
 
今回若い選手たちには新しい刺激は良い結果になった。結果論かもしれないが、それを選手たちは、成功させようと前向きに取り組んでいたのが印象的であった。指導者も選手も、成功体験ができたことは今後の武器になる。次節もアグレッシブに挑みたい。

監督コメント

初戦というお互いに緊張した中で前半相手陣地に押し込んでいたのは我々であった。
若さという武器でパワーが相手より優っていた。しかし、ベンチで戦況を見つめながら感じていたのは、(1)同サイドと攻撃の視野が狭いこと(2)手数をかけすぎ攻撃を仕掛け相手に対応されていること(3)サイドの高い位置での自滅プレーの多いこと。相手チームへの対応は長いボールに注意するようにとだけ指示を出し、ベンチから送った言葉は(1)については、両サイドバックを使うこと(2)については、センターバック(後ろの選手)を使わずに中盤サイドの選手のスペースを使うこと(3)については早めのセンターリングとコーナーキックの獲得改善されないまま(2)でボールを失ってしまい、長いボールを縦に入れられ前半終了間近の失点に繋がってしまった。
しかし、さほど下を向く失点でもなかった。しかし、選手たちはお互いが苛立ちを持ちベンチへ引き上げてきた。
後半は前半の緊張からのオーバーワークが響き、前半より個々のミスが目立ち、チーム戦術が徹底できなかった。
苛立ちも勝負へのパワーには変わらず、下を向かないように努力するしかないように感じた。
国見の選手達は、賢くサッカーをやり、我々より勝つ法則を知っていた。
 
今回敗戦ではあったが、今後のトレーニングの取り組みが明確になった。
このチームは監督としてやりがいのある仕事ができる。それは選手たちは例を挙げればスポンジ、吸収力が速く持ちやすい。
賢くサッカーをすることを習得することも必要であるが、現在はリスクを冒し、アグレッシブにサッカーに取り組むことがこのチームには重要だと私は思っている。オーバーワークできるスタミナ習得への取り組みや、1回のシュート、センタリングを成功させるために何時間も同じ練習をする素直さなど、このチームには、勝利に繋がる可能性を持っている。
今週末のホーム戦、後期の国見へのリベンジなど、楽しみだらけである。

2017シーズンスポンサー決定のお知らせ

2017シーズンジュ ブリーレ鹿児島の活動を支援してくださるスポンサー様が決定致しましたのでお知らせします。こちら

過去のニュース(2014年)

H26年度 独立行政法人国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金助成活動

「子どもウィンターキャンプ2014」・「世代間交流遊びの元気塾」・「子ども夢の時間」・「2014 子ども未来創造 体力向上プロジェクト」・「ブラインドスポーツを体験してみよう」を 開催します。

子どもウィンターキャンプ2014
 
*詳しくはコチラ
*お申し込み用紙はコチラ

世代間交流遊びの元気塾
 
*詳しくはコチラ⇒2015年3月14日 - 城南児童センター
*お申し込み用紙はコチラ

子ども夢の時間
 
*詳しくはコチラ
*お申し込み用紙はコチラ

2014 子ども未来創造 体力向上プロジェクト
 
*詳しくはコチラ
*お申し込み用紙はコチラ

ブラインドスポーツを体験してみよう
 
*詳しくはコチラ
*お申し込み用紙はコチラ
 
※お申込み方法は下記申込書をFAXまたは郵送にてお送りください。
お問い合わせ:NPO法人 アサヒナ アソシエーション
TEL:099-258-4903 担当:中野

第17回九州女子サッカーリーグ第13節の結果

vs 大分トリニ―タレディース
 
日時 : 12月7日(日)11:00キックオフ
会場 : 大分県サッカー協会人工芝グランド(大分市松岡大分スポーツ公園内)
 
1-3(前半0-3,後半1-0) 得点者/今中
 
以上をもちまして、2014第17回九州女子サッカーリーグの全日程が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。

第17回九州女子サッカーリーグ成績
 
ジュブリーレ鹿児島 7勝2敗0分 勝ち点21 2位

H26年度子どもゆめ基金助成活動「世代間交流 遊びの元気塾」を開催します

参加者募集!下記よりダウンロードしてお申し込みください。
 
*詳しくはコチラ
*お申し込み用紙はコチラ

H26年度子どもゆめ基金助成活動「子ども夢の時間」「あなたの夢を応援します」を開催します

参加者募集!下記よりダウンロードしてお申し込みください。
 
「子ども夢の時間」
*詳しくはコチラ
*お申し込み用紙はコチラ
 
「あなたの夢を応援します」
*詳しくはコチラ
*お申し込み用紙はコチラ

2014チャレンジリーグ入替戦 御礼コメント

このたびの入替戦におきましては、多大なるご声援をいただき誠にありがとうございました。
目標に掲げていた『1年での全国リーグ復帰!』は成し遂げることが出来ませんでした。
ただ、最後まで戦ってくれた選手たちには本当に感謝しています。
結果がでなかったのは私の責任です。
どんな時でも、どんな状況でも、応援し後押しして支えてくださったのは皆さんでした。
我々はこれからも諦めることなく戦っていきます。
末長くご声援宜しくお願いします。
本当にありがとうございました!
 
監督 山口純

過去のニュース(2015年)

27年アサヒナU-15説明会・体験会

2月21日(土)「情報高校グラウンド」で説明会・体験会を行います。
体験会は2月14日・21日/3月14日・21日・28日と他にも随時練習時に体験可能ですので、是非参加して下さい。
*詳しくはコチラ
*お申し込み用紙はコチラ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
昨年も皆様方には大変お世話になりました。
本年も熱い声援と力強い応援宜しくお願い申し上げます。
 
ジュ ブリーレ鹿児島一同

過去のニュース

年末のご挨拶

2016シーズンは大変お世話になりました。
来シーズンも精一杯頑張って参りますので、変わらぬご声援の程宜しくお願い申し上げます。
皆様にとって良い年となりますようお祈り申し上げます。
NPO法人アサヒナアソシエーション 理事長 山口智子
※球団事務所は、新春4日より平常業務となります。

監督コメント

最終節、勝ち点3を取ることができなかった。要因としてはチームの流れ(テンポ)を掴むことができず、相手の早いプレッシャーによりパスを前線に出すことを遮断された。中盤から前線へボールを供給する際にワンタッチプレーを増やすことができればサイドを上手く使えていたかもしれない。ただ、相手選手の能力が高い中、少ないチャンスを得点に繋げ、最後まで諦めることなく、戦い抜いたことは評価したい。
リーグも終わり課題もたくさんあるが、チームとしては充実した一年であった。今後も個人技術はもちろんだが、サッカーへの取り組み(意識)も改善し、選手とともに日々成長していきたいと思う。今年1年本当にありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。

監督コメント

今回の良かった点としては、3連勝を掴み取り勝ち点3をとることができたことです。
内容としても選手はチームとしての約束事を守ろうと最善を尽くしたゲームであった。
攻撃では、チームの特徴でもある、素早い逆サイド展開から数的有利を作り出し、サイドバッグも攻撃参加するパワフルなサッカーを果敢に挑戦し、幾度かチャンスを作り出すことができた。
守備ではボールに対し集中・密集を繰り返し、個人ではなくチームでボールを奪いにいくことができていた。その結果が今回の勝ち点3に繋がったと思う。ただ、問題点としては個人スキルがまだまだ低く、サッカーの基本である止める・蹴る・運ぶといった土台がしっかりとしていないことで、パワフルな攻撃や守備を継続することができない。今後も個人スキルを向上させるため、日々の努力を継続することで、しっかりとした土台作りに努めたい。まだまだ進化していきますので、今後共応援よろしくお願いします。

監督コメント

今回、試合前のミーティングで勝ち点3を取りに行くことを共有しました。
目標を達成することができたのは良かったのですが、サイド攻撃のクオリティーが低さにより相手ディフェンスを崩すことが出来なかった。また、後半になると体力が切れてしまい危ない場面も多々あった。次の試合では個々が更に普段の練習通りに挑めるようにしたい。私自身、選手たちと共に切磋琢磨し成長したいと思います。今後共応援よろしくお願いします。

JANPANGIVING 寄付金協力者

・いぶおや 様
・yamashii70 様
・タローラモ 様
・yummy 様
・俵積田学 様
・ゆりか 様
・すぐる 様
・稲盛 幸広 様
・た 様
・安ピー 様
・ほしパンダ 様
・長畑 伊佐市消防 様
・茶柱 様
・福永 宏子 様
・田中 あきこ 様
NPO法人アサヒナアソシエーション
〒890-0052
鹿児島県
鹿児島市上之園町24番地10
TEL.099-258-4903
FAX.099-204-9744

1.スポーツクラブ運営事業
2.生活支援サービスに関する事業
3.子どもの健全育成事業
4.まちづくり推進事業
TOPへ戻る