本文へ移動

ニュース一覧

監督コメント 第7節 対 MELSA熊本

5位に順位を浮上させることが出来て良かった。ここからは、前半戦の取りこぼしを確実に拾っていかなければ上位に食い込み、目標の1部昇格は厳しくなってくる。それを考えると今週末の国見戦は非常に力の入るゲームになるだろう。自演自作のような非常識かもしれないが、自分自身プレッシャーを感じながら指揮をとれることは非常にうれしく、泥試合になっても勝ち点3を取りたいと鼻息を荒くしている。
さて今回のゲームの印象だが、メルサは大雨の中の移動でコンディションが良くなかったのではというゲーム運びであった。
一方ホームの我々は、GKチョンも合流し万全のチーム状況と、応援団にしても宮内団長を先頭に、雨の中早くから「チャント」の掛け声と太鼓の音。今振り返るとこの時点で、勝負はついていたのかもしれない。
まあしかし近頃思っているのは、「宮内団長軍団スゲーなぁ、俺もあそこで応援してぇ~」「〇元先生をはじめ、他の方々も、〇出し、声出し、口出さず」本当に我々が望んでいる事を温かくサポートしてくれ、ありがたいなぁ」って。
なので、今回のゲーム選手全員が相手を上回り、勝ち点が取れるパフォーマンスをすることが出来たのは、応援団の方々の力なのです。苦しい練習に取り組めるのも、悔しいって思えるのも、勝ちたいって思えるのも、本当に毎回会場に足を運んでくれる応援団の方々のおかげなのです。
責任を背負って活動できることに感謝いたします。責任ある行動こそが成長につながる。
今後も応援宜しくお願い致します。

ホームページリニューアルにおける表示不具合ついて

2017シーズンジュ ブリーレ鹿児島ホームページをリニューアル致しました。
新しいページが表示されない場合は、「更新ボタンをクリックする」または「再起動をする」をおためし下さい。宜しくお願い致します。

第9節日程変更について

第9節 7/9(日)13:30~の熊本USC vs ジュ ブリーレ鹿児島は、会場の都合により現在、日程および会場の調整中です。
決まり次第ホームページにてお知らせ致しますので、ご理解の程お願い致します。

監督コメント 第5節 対 東海大星翔

3連敗してしまっているが、今後の試合に確実に光が見えてきたゲーム内容であった。粗削りではあったが、相手の背後を狙い、セカンドボールを果敢に狙うことができた。守備面においてもGKとDFのコンビネーションがよく、ラインを下げる局面とチャレンジする局面の状況判断も良かった。ハーフタイムをベンチへ引き上げてきた選手達は、1失点していたが手ごたえをつかんだ様子で引き揚げてきたのが印象的であった。
では何故勝利することが出来なかったのか。
 
【攻撃面】
相手の背後へのキックボールのテクニック不足 -背後へ届かない、GKへパスしてしまうCFとMFのコンビネーション不足 -DFのパスコースの少なさ
長短を使い分けた攻撃を構築する攻撃のバランス -DFから相手の背後がない場合の判断ゴール局面での1VS1 -ゴールへ仕掛けることなくバックパスを優先してしまう活動性の少なさ -単純に味方を追い越すプレー
 
【守備面】
チャレンジする味方のカバーリングのポジショニング -数的有利になっていない連携不足(具体的なコーチング不足) -奪いに行くのか、サイドへ追い込んで数的有利で奪うのか、遅らせるのか
相手の戦術を消す、マークとスペースの取り方 -スライド移動されていない
 
【チーム】
規律を守る -統一感の乱れ -状況に応じた立ち振る舞い
 
次節までにしっかりと改善点を修正し、次節以降は全てのゲームで勝ち点を奪いたい。
最後になるが、今回のゲームも太鼓や大きな声を出して応援をしてくださる方々に感謝したい。それは、ジュブリーレ鹿児島という女子サッカーチームをプロフェッショナルな扱いをしてくれることに。
いつも「謙虚な姿勢で全てをリスペクトする」そんなプロフェッショナルな応援団なので、素晴らしい会場の雰囲気を創られていることに感謝したい。今では、ホーム戦の他チームとの違いと売りになっている。負けられない(笑)
今後とも宜しくお願い致します。

監督コメント

敗戦に繋がってしまった要因として、「攻守の切り替えの遅さ」「相手の嫌がる攻撃を行えていない」この2点が大きい。
ボールを止めること蹴るというテクニカルな部分もだが、今後「サッカーの仕組み」も理解していかなければ真の強さ、チャレンジなでしこでの活躍は困難であると思っている。
ゴールを奪うために相手の背後をつき、背後のスペースを作り出すために幅と厚みを有効的に使ったコンビネーションプレーが必要となる。今回指宿でのゲームは、個々がボールと自分だけの関係(ゴールに対して背を向けるプレー)になってしまい、相手の背後を狙う、狙える選手(受け手、出し手)がいなかったこと、バックパスとインターセプトしやすい配給が目立ってしまいシュートシーンが作れなかった。
守備の面では、ゴールを守る局面とボールを奪う場面の判断力に欠けバランスを崩す場面が多々見られ失点に繋がった。相手が背後を狙ってきたら⇒遅らせる。くさびのボールや相手が背後を狙っていないプレーでは⇒ボールを奪うチャレンジの優先順位、すなわち状況に応じた判断力あるプレーが出来ていなかった。
 
しかし、リーグでの結果としては出ていないが、トレーニングでは変化が見られる。技術戦術の奥深さや、勝負の難しさを知ってきて前向きにトレーニングは行えている事。今後これまでやってきたこと、新しく要求されていることの許容応力(判断力)がチームに備わっていけば、変化が進化になるであろう。「勝負の世界では運は発生しない、力のある者だけが勝ちという運を掴み取れる。運が良かった、悪かったというのは謙虚な言葉である」というのが私自身の考えである。これからも負けたといことを理解し深く研究し、それを自ら学び伝達していきたい。
今回も素晴らしい「場と機会」を球団、応援の方々が創り出してくれた。しかしながら、それに喜びで表現できていたのは大分であった。ありがたいことでもあるし、申し訳ない気持ちでもある。次回は良い結果と、成長をお見せしたい。必ず強くなりますので、これからも応援宜しくお願いします。

過去のニュース(2014年)

8月9日(土)10日(日)アサヒナフェスティバル中止のお知らせ

この度は、アサヒナフェスティバルを台風の影響のため中止することとなりました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

選手・スタッフ紹介更新のお知らせ

大変遅くなり申し訳ございません。
選手・スタッフ紹介を更新いたしました。
今後共、ジュ ブリーレ鹿児島を宜しくお願いいたします。

NPO法人名称変更のお知らせ

7月1日より特定非営利活動法人鹿児島鴨池フットボールクラブアサヒナは「NPO法人アサヒナアソシエーション」と法人名を変更しましたのでお知らせ致します。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

第17回九州女子サッカーリーグ第9節の結果

 日時:7月13日(日)11:00キックオフ
場所:熊本星翔高校
対戦:vs 熊本ユナイテッドSC 5-1
 
前半3-1 今中、今中、村井
後半2-1 今中、今中

第17回九州女子サッカーリーグ第9節のお知らせ

日時:7月13日(日)11:00キックオフ
場所:熊本星翔高校
対戦:vs 熊本ユナイテッドSC

過去のニュース(2015年)

第8回鹿児島県忠元紅葉8人制サッカー大会について

期日:27年11月21日~22日
会場:鹿児島県伊佐市忠元公園グラウンド
試合時間:大会試合開始時刻は10時となっております。
※ジュ ブリーレ鹿児島はDパートとなっておりますが試合時間は未定

ジュブリーレ鹿児島 2016選手セレクション開催のお知らせ

ジュブリーレ鹿児島 新体制のお知らせ

詳しくはこちら

ジュブリーレ鹿児島監督辞任のお知らせ

ジュブリーレ鹿児島の監督を務めておりました山口 純氏が10月11日をもちまして監督を辞任致しましたのでお知らせ致します。
この度10月11日をもちまして、ジュ ブリーレ鹿児島の監督を辞任致しました。
突然このような形になってしまい誠に申し訳ありません。また、監督になり1年半、思うような結果を残せなかったことをあわせ、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。
これまでスタッフ、選手、スポンサー様、チーム関係者様には、沢山支えて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。また球団におかれましては、最後まで私の考えを理解して下さり本当にありがたく思っております。
これからもジュ ブリーレ鹿児島のご活躍を心から願っています。
本当にありがとうございました。
 
山口 純

H27年度 鹿児島県地域貢献活動サポート事業 「介護予防サポート」教室のお知らせ

詳しくはNPO法人のページをご覧下さい。

過去のニュース

監督コメント

良かった点として、攻撃パターンであるサイドバック(西林)が積極的に攻撃参加し、田中の得点に繋げることができたこと。また、コーナーキックから(サイド攻撃)フリーの西林に素早くボールを入れ見事なミドルシュートが決められたこと。私自身の総合評価としては勝てたことは満点であるが、ゲーム内容は満足できていないのが正直な気持ちである。両サイドのMFとDF・ボランチのコンビネーションミス(走り出すタイミングやパスの質)が目立ち、サイドで数的有利を作り、引いた相手を引き出すプレーがなかった。また、バイタルエリアの攻略にしてもクサビのタイミングや止める蹴るのテクニックに不安があり、リズムを崩し相手にカウンターを与える場面もあった。次のゲームまでにはここを改善していきたい。
何はともあれ勝てたことに本当にホッとしています。私自身ももっとサッカーを勉強し、選手たちが成長でき、ゲームで勝てるテクニックをアウトプットできるよう努力しなければいけないと思っています。まだまだ頑張りますので今後共応援よろしくお願い致します。

9/17~18「地域対抗(O-13)女子サッカー大会組み合わせ表」

エフエム鹿児島 ミューエフエムラジオ出演のお知らせ

日 時:8月26日(金)19:00~
番組名:SPORTS+(プラス)
出 演:監督 中野寛士朗、選手 モクソンジョン

鹿児島県女子サッカー選手権大会結果

ジュブリーレ鹿児島1(0-0.1-1.延長0-0.0-1)2鳳凰高等学校
惜しくも九州大会出場はなりませんでした。暑い中応援ありがとうございました。

南日本ちびっ子サッカー大会2016

NPO法人アサヒナアソシエーション
〒890-0067
鹿児島県
鹿児島市真砂本町53番12号
TEL.099-258-4903
FAX.099-204-9744

1.スポーツクラブ運営事業
2.生活支援サービスに関する事業
3.子どもの健全育成事業
4.まちづくり推進事業
TOPへ戻る